腹式呼吸を制する者はフルートを制す!【絶対マスターできる簡単練習法も教えます】

f:id:tako_fl_picc:20200917201734p:plain


こんにちは!

フルートインストラクターのtakoです♪

 

いつもF-PROを見てくださり、

ありがとうございます!

 

 

今回は、

腹式呼吸の必要性と

腹式呼吸をマスターできる簡単練習法

お伝えしていきます!

 

 

まず、さっそく

あなたに伝えたいことがあります。

 

それは、

あなたのフルートの音を作っているのは

間違いなく〝あなた自身〟であり、

あなたの息のコントロール次第で

フルートの音が良くも悪くもなる

ということです!

 

息を自由自在に

コントロールしていくために、

フルートでは腹式呼吸を使います。

 

つまり、もしあなたが

腹式呼吸をマスターしなければ

あなたは息のコントロールが出来ず、 

  • 息が続かず、すぐにバテる
  • 不安定な濁った細い音出せない
  • 肩に力が入り呼吸がしづらくなる
  • 一定の音量でしか吹けない

こういうことになるので、

あなたがどんなに練習しても、

どんなに良い楽器にグレードアップしても、

全然上達しません!

 

そして、そのままあなたは 

2ndアシスタントに固定され
ずっとフルートパートの隅っこで
ひっそりと演奏する存在になる

こんな未来になっても

おかしくはありません……。

※1stパートや2ndパートの首席フルート奏者をトップと言い、ソロはトップの人が演奏します。トップ以外の奏者はアシスタントと言い、トップの演奏を補助する役をします。

 

f:id:tako_fl_picc:20200919200710p:plain

 

フルートを上達させたいあなたなら、

2ndアシスタント固定なんて

絶対嫌ですよね?

 

 

では逆に、もしあなたが腹式呼吸

完全にマスターできればどうなるでしょう?

 

腹式呼吸をマスターできれば、あなたは

息のコントロールが上手になるので

  • 長く息が続き、体力もつく
  • 安定した響きのある太い音を出せる
  • 上半身を脱力して演奏できる
  • 音量のコントロールがしやすい

このような良いことがあり、

たとえ短時間しか練習できなくても、

また初心者モデルの楽器を使っていても、

あなたは必ず上達していきます!

 

 そして、いずれあなたは

1stトップに這い上がって
フルートパートの中核的存在になり、
常に演奏をリードする立場になる

 こんな未来が待っています!

 

f:id:tako_fl_picc:20200919200822j:plain

アニメ『響け!ユーフォニアム』より

 

この記事を最後まで読めば、

あなたは腹式呼吸

マスターすることが出来ます!

 

さぁ、このまま記事を

読み進めていきましょう!

 

 

 

そもそも、なぜ腹式呼吸じゃないといけないの?

f:id:tako_fl_picc:20201002102710p:plain

 

人は呼吸をするために、

胸式呼吸(肺呼吸)と腹式呼吸

どちらかを使っています。

(この記事では読みやすいように、

以後は肺呼吸という言葉を使っていきます。)

 

 ざっくり言えば、 息を吸った時に

  • 肩が上がる → 肺呼吸
  • お腹が膨らむ → 腹式呼吸
ということです。
 

 

そもそも根本的な話をすると、

実は肺呼吸も腹式呼吸も、

息を入れているのは〝肺〟なんです!

 

これはどういうことかというと、

肺呼吸と腹式呼吸では、

肺の動き方が違うのです。

 

f:id:tako_fl_picc:20200917201915p:plain

f:id:tako_fl_picc:20200917201922p:plain

 

このイラストのように、

肺呼吸では肺を上に広げていますが、

腹式呼吸では肺を下に広げています。 

 

だから、結局はどちらも

肺を使ってることに変わりないんです。

 

 

では、なぜ肺呼吸が

管楽器向きではないのかというと、

  • たっぷり息を吸えない
  • 肩に力が入ってしまう
  • 長い音を安定させれない
  • 音量のコントロールができない
  • 音色のレパートリーを作れない

このようなデメリットがあるからです。

 

たっぷり息を吸えないと、

長く吹き続けることはできません。

 

肩に力が入ってしまうと、

音の響きや伸びやかさが失われます。

 

長い音が安定させれないと、

フルートパート全員で

綺麗なハーモニーを作れません。

 

音量のコントロールができないと、

フォルテ( f )の時は音量が足りず、

ピアノ( p )の時は

音量を出し過ぎてしまいます。

 

音色にレパートリーが作れないと

音楽表現の幅がなくなり、

演奏に面白みをつけれません。

 

 

こうやってみると、

結構大きなデメリットですよね。

 

 

では、

腹式呼吸の方はどうかというと

このようなメリットがあります。

 

  • たっぷり息を吸える
  • 身体をリラックスさせれる
  • 長い音を安定させれる
  • 音量のコントロールができる
  • 音色のレパートリーを豊富に作れる

 

たっぷり息を吸えると、

長く吹き続けることができます。

 

身体をリラックスできると、

音に輝きや伸びやかさが生まれます。

 

長い音を安定させれると、

フルートパート全員で

綺麗なハーモニーを作れます。

 

音量のコントロールができると、

あなたの音楽に立体感が出来て、

表現の幅が広がります。

 

音色のレパートリーが増えると

音楽に感情をつけることができ、

聴いている人に感動を与えれます。

 

f:id:tako_fl_picc:20200916220933p:plain
 

つまり腹式呼吸をすることで、

心地よくのびのびと

フルートを演奏できるのです!

 

 

ですが、腹式呼吸には

腹式呼吸の感覚を掴むまで
レーニングが必要

 というデメリットもあります!

 

フルート初心者はもちろんですが、

フルート経験者でも

腹式呼吸ができているつもりで

実はできていなかった

ということは、よくある話です。

 

そのため、

確実に腹式呼吸の感覚を掴んで

しっかり身体に覚えさせることが

重要になります!

 

 

 

腹式呼吸をマスターするための簡単4ステップ

腹式呼吸はやり方さえ分かれば

誰でもすぐに出来るようになります。

 

ですが個人差もあるので、

完全マスターするまでには

1週間〜1ヶ月くらいを目安で

考えておきましょう!

 

さて、腹式呼吸をマスターするには、

この4ステップを順番にクリアしていけば

大丈夫です! 

 

① 前かがみになって呼吸する
② 身体を起こして呼吸する
③ 前かがみの状態でフルートを吹く

④ 身体を起こしてフルートを吹く

 

腹式呼吸の練習をする前に、

エストのベルトやホックを緩めるか、

ジャージに着替えるなどして

お腹周りの圧迫を無くした上で

実践していきましょう!

 

① 前かがみになって呼吸する

まずは楽器を持たずに真っ直ぐ立ち、

両脇腹に手を当ててみてください。

  

f:id:tako_fl_picc:20200917222109j:plain

 

ハードな運動をした時に、

たまに脇腹が痛くなりますよね?

その辺りです。

 

 

f:id:tako_fl_picc:20200822191940j:plain

 

実は腹式呼吸では、

お腹のおへそ辺りではなく、

両脇腹辺りが一番膨らみます!

 

腹式呼吸をマスターするには、

この両脇腹に意識を向け、

両脇腹をしっかり膨らませる感覚を

掴むことが一番のポイントです!

 

この時に注意してほしいのは、

肩に力を入れないということです!

 

肩はストンと楽に落とし、脱力します。

上半身はどこも力を入れません。

 

 

では、両手を両脇腹に当てたまま、

このように前かがみの姿勢になりましょう。

 

f:id:tako_fl_picc:20200917222142j:plain


だいたい45°くらいの角度です。

もちろん、肩に力は入れません。

 

そして、このまま

ゆっくり呼吸してみてください。

 

息を吸う時に、

あなたの身体のどこが動いてますか?

 

 

両脇腹ですよね??

 

 

人間は前かがみ姿勢になると、

自然と腹式呼吸になるのです!

 

両脇腹は、

息を吸ったら膨らみ、

息を吐いたらしぼみます。

 

まずはこの体勢のまま、

両脇腹がしっかり動くようになるまで

何度も呼吸を繰り返します。

 

 

 両脇腹が動く感覚が掴めてきたら、

次は両脇腹に息を溜め込むイメージ

口からたっぷり息を吸い、

限界まで息を入れます。

 

そして、両脇腹がパンパンになったら、

お腹の中にある息を

お腹周りの筋肉の圧力で

押し出すイメージ

ゆっくりとしっかり吐き切ります。

 

この、たっぷり息を吸って

しっかり吐き切るという動作を

慣れるまで何回も繰り返しましょう。

 

 

② 身体を起こして呼吸する

では次に、

そのまま身体を起こして

真っ直ぐ立ちましょう。

 

f:id:tako_fl_picc:20200917222209j:plain


ここでももちろん、上半身脱力です。

肩は落として楽にしましょう。

 

そして、両脇腹に全集中を注ぎ、

①の時のように

両脇腹に息を溜め込むようにたっぷり吸い、

お腹周りの筋肉の圧力で息を押し出すように

しっかり吐ききります。

 

ちゃんと両脇腹が動いていますか?

 

両脇腹がいっぱいに膨らんでいますか?

 

このように真っ直ぐの姿勢は

先程の前かがみの姿勢と違って、

しっかり意識しないと

脇腹は動いてくれません。

 

ここでしっかり両脇腹が膨らんだり

しぼんだり出来るようになるまで、

何度も深い呼吸を繰り返します。

 

もし、まだ両脇腹の感覚が

上手く掴めてなさそうであれば、

一度①の前かがみの姿勢に戻って

①と②を交互に行い、

両脇腹をしっかり動かせるようになるまで

繰り返しましょう。

 

 

③ 前かがみの状態でフルートを吹く 

ここでフルートを使います。

 

①の前かがみの姿勢になり、

その状態でフルートを構えてみてください。

 

f:id:tako_fl_picc:20200917222355j:plain

 

両脇腹に息を溜め込むイメージで

たっぷり息を吸います。

 

そして、

お腹周りの筋肉の圧力で息を吐きながら

中音のG(ソの音)を

長く伸ばして何度か吹いてみましょう。

 

この時に、あなたの音がいつもより

少し太くなっているのを感じませんか?

 

もし少し太くなっていると感じれたら、

それはいい傾向です!

 

音色が変わったのは、

あなたの呼吸が変わったからです。

 

このまましっかり

フルートに息を吹き込んで、

少しでも深い響きが鳴るように

しばらく練習していきます。

 

 

④ 身体を起こしてフルートを吹く

さぁ、いよいよ

身体を起こしてフルートを吹きますよ。

 

両脇腹に意識を集中させます。

 

しっかりと息を吸い、

両脇腹が膨らんでいるのを感じてください。

 

f:id:tako_fl_picc:20200917222435j:plain

 

では、③と同じように、

中音のGを長く伸ばして

何度か吹いてみましょう。

 

どうですか?

 

あなたの音が、

より太くなっていませんか?

 

もしこの時に、

腹式呼吸の練習を始める前に比べて

太く響きのある音が鳴っていれば、

大成功です!

 

 

あなたは腹式呼吸

出来るようになりました!!

 

 

これであなたは、あなたの意思で

息をコントロールすることが可能です!

 

今後あなたはこの腹式呼吸を忘れず、

ブレストレーニングやロングトーンのような

長く息を吐くトレーニングを

毎日継続して行っていきましょう!

 

そうすればより腹式呼吸が定着して、

腹式呼吸を完全マスター出来ますよ!

 

 

腹式呼吸の壁を突破して、息を自由にコントロール出来るようになろう!

f:id:tako_fl_picc:20200918110600j:plain

 

腹式呼吸をマスターすれば

息を自由にコントロールすることができ、

音色に関する悩みを

ある程度は解決できます。

 

そうすれば、あなたは

安定した伸びやかな演奏をすることができ、

いずれはフルートパートの

中核的存在になれます。 

 

魅力的な演奏をするあなたのことを、

誰もが認めることでしょう!

 

腹式呼吸を制する者は、

フルートを制すのです!!

 

 

f:id:tako_fl_picc:20200822191933j:plain

 

 

それでは今回記事のまとめです!

 

 

あなたのフルートの音は、
あなた自身が作っています。
息のコントロールをするためにも
腹式呼吸マスターしましょう!
両脇腹を意識して、
たっぷり息を吸うことがポイント!

 

このF-PROでは、

 

たった60日で出来る!!

フルートのレッスンに通えなくても

吹奏楽部の練習だけで上達させる

究極練習法をあなたにお届けします!

 

またTwitterのフォローや

公式LINEの友達登録も

ぜひよろしくお願い致します! 

 

 

Twitterアカウント】

 

 【公式LINE】

 

それでは、またお会いしましょう!

 

 

tako 

 
f:id:tako_fl_picc:20201001144237p:plain