フルートの高音を誰でもきれいに出せるようになる究極の練習法、知りたいですか?

f:id:tako_fl_picc:20201007005817j:plain

 

こんにちは!

フルートインストラクターのtakoです♪

 

いつもF-PROを読んでくださり、

ありがとうございます!

 

 

今回は、フルートの高音を

誰でもきれいに出せるようになる方法

についてお話しします!

 

今回お話しする方法は、

初心者向けのフルート教則本

吹奏楽用のフルート教則本には

ほぼ確実に載っていません!

 

そのため、あなたが

普通に吹奏楽部の練習だけしていたら

100%出会うことがなかった練習法です。

 

もし、このまま

あなたがフルートの高音を

きれいに出す方法を知らずに

フルートの練習を続けたら……。

 

  • 音に雑味が混ざった汚い音しか出せない
  • 常に高音を爆音で吹かないと出せない
  • 貧弱で不安定な高音しか出せない

あなたは、このうちのどれか1つには

最低でも当てはまるようになります。

 

ですが、1つでも当てはまるようになったら

正直なことを言うと、

みんなの演奏の邪魔になってしまいます。

 

そうなってしまうと、いずれは

顧問の先生やフルートパートの先輩に、
「あなたの高音は音が汚いから
この小節は吹かないで」と言われる

こんな悲しいことが起こります。 

 

f:id:tako_fl_picc:20201012204044p:plain

 

 

実際に「吹かないで」と言われた人を、

私はこれまでに何人も見てきました。

たとえ私より先輩であっても

言われる人はいました。

 

ひどい場合は、

後輩が1stで先輩が2nd、

後輩がトップで先輩がアシスタント、

という入れ替えが起きることも……。

 

あなたはフルートを上達させたいと

思っているはずですから、

もし同じことがあなたに起きたら

こんなの耐えられないですよね。

 

先々苦い思いをしたくなければ、

確実にきれいな高音を

出せるようになりましょう! 

 

 

では、あなたがフルートの高音を

きれいに出せるようになったら、

どうなると思いますか?

  

  • 1stの楽譜でも苦労せず吹けるようになる
  • 1stトップ固定の可能性が格段に上がる

こんな良いことが起こります。

 

そしていずれは、

顧問の先生があなたのために
フルートソロがある曲を
選んでくれるようになる

こんなに素晴らしいことが

あなたに起こるんです!

 

 

f:id:tako_fl_picc:20201010213012p:plain

 

これは私が中学、高校、大学生の頃に

実際にそれぞれ何度も経験しています。

 

あなたもフルートの高音が

きれいに出るようになれば、

確実に吹奏楽部で活躍出来ますよ!

 

 

フルートの高音をきれいに出せるようになるためのキーワード 『倍音』とは?

 

f:id:tako_fl_picc:20200822191959j:plain

 

フルートの最低音のC(ド)の音を吹くと、

私たちの耳には

最低音Cの音しか聴こえませんよね?

 

でも実は、最低音Cの音には

こんなにも音が含まれているんです。

f:id:tako_fl_picc:20201004000853j:plain

 

実際にフルートで吹いてみると

分かりやすいです。

 

最低音Cの運指まま

息のスピードを速くしてみると

最低音C以外にも音が鳴るんです。

 

youtu.be


 

この時の

元々の運指の音(基準の音)を基音

基音以外の音を倍音と言います。

 

 

 

f:id:tako_fl_picc:20201007003919j:plain

 

ここで、中学1年理科の

物理分野の内容を

思い出してみましょう。

 

  • 』は物体が振動して発生する
  • 物体が振動すると空気も振動し、『』となって音が伝わる
  • 一秒間に振動する回数を『周波数(振動数)』という
  • 周波数(振動数)が増えると、『音は高くなる』

 

最低音Cを基音とした時の

周波数が1倍だとすると、

次の音は2倍、その次の音は3倍の

周波数を持っています。

 

周波数が2倍、3倍と増えると、

この譜面のように

音はだんだん高くなるんです。

f:id:tako_fl_picc:20201004000951p:plain
 

 

どんな倍音が含まれるかは、

基音によって決まっています。

 

フルートの最低音Cの場合は、

中音C、中音G(ソ)、高音C、

高音E(ミ)、高音G、高音B♭(シ♭)

この6つの音が倍音です。

 

 

この音列のことを、

倍音列(ハーモニクス

といいます!

 

 

 

フルートの高音をきれいに出すには、倍音列(ハーモニクス)の練習がイチバン!!

 

倍音列(ハーモニクス)の練習を

行うことには、

このような目的があります。

 

  • フルートの高音に必要な息の量やスピードの感覚をつかむ
  • フルートの高音に適したアパチュア(息の穴)の大きさを確認する

 

倍音列(ハーモニクス)の音をそれぞれ

きれいに鳴らせるようになったら、

あなたはその音のアンブシュア

きれいに出来ている、ということです。

 

ということは、倍音列(ハーモニクス)を

しっかり丁寧に練習すれば、

自然とフルートの高音が

出せるようになるんです!

 

 

そこで、

あなたに取り組んでほしいのは

最低音Cの第6倍音までを鳴らす練習

です!

f:id:tako_fl_picc:20201004000951p:plain

※第7倍音の高音B♭はかなり音が高いので、出せなくても問題はありません。


 

この倍音列(ハーモニクス)が

きれいに鳴るようになった頃には、

あなたのフルートの高音は

はるかに楽に吹けるように

なっているはずですよ!

 

再度動画を貼るので、

この動画のように

はっきりとした倍音が鳴るよう

頑張ってみましょう!

 

youtu.be

 

 

きれいな高音を出せるようになって、高音マスターになりましょう!

 

f:id:tako_fl_picc:20201007005443p:plain

 

あなたがフルートの高音をマスターすれば、

顧問の先生は安心して大事なソロを

あなたに任せることが出来ます!

 

それは、あなたの能力を

高めるだけでなく、

あなたの吹奏楽部の演奏レパートリーを

増やすことにも繋がります! 

 

ということは、

あなたが活躍できるチャンスが

もっと訪れるかもしれません! 

 

キラキラと輝きのある高音を

鳴らせるようになって、

どんどん活躍していきましょう!

 

 

 

f:id:tako_fl_picc:20200822191933j:plain

 

 

それでは、今回記事のまとめです!

 

 

フルートの高音を
きれいに出せるようになるには、
倍音列(ハーモニクス)練習が最適!
  • 息の量やスピードの感覚をつかむ
  • アパチュアの大きさを確認
この2つを意識して練習しましょう!

 

 

このF-PROでは、

 

たった60日で出来る!!

フルートのレッスンに通えなくても

吹奏楽部の練習だけで上達させる

究極練習法をあなたにお届けします!

 

またTwitterのフォローや

公式LINEの友達登録も

ぜひよろしくお願い致します! 

 

 

Twitterアカウント】

 

 【公式LINE】

 

それでは、またお会いしましょう!

 

 

tako 

 
f:id:tako_fl_picc:20201001144237p:plain