【ピッチ狂いまくり!?】フルートの頭部管で絶対にやってはいけない吹き方

 

f:id:tako_fl_picc:20201015235655j:plain

 

こんにちは!

フルートインストラクターのtakoです♪

 

いつもF-PROを読んでくださり、

ありがとうございます!

 

 

今回は

フルート全音域のピッチを

狂わせてしまう

頭部管の最悪な吹き方

についてお話しします!

 

あなたが普段フルートを吹く時、

高音域のピッチが極端に高くなったり、

低音域のピッチが極端に低くなったり

していませんか?

 

その場合、

あなたの頭部管の吹き方に

重大な問題があります!

 

頭部管の問題を放置してしまうと、

  • フルート全体のピッチが狂ったままになる
  • 合奏中に何度も頭部管を入れたり抜いたりする

このように、ピッチ合わせに

毎回苦労することになります。

 

そして、

あなたが原因でフルートパートの
ピッチが全く合わず、
パートのメンバーに
どんどん嫌われていく

最後にはこうなってしまいます……。

 

f:id:tako_fl_picc:20201015193216p:plain

 

 

ですが、もしあなたが

フルートの頭部管の問題を解決できれば

  • フルート全体のピッチが安定する
  • 合奏中に頭部管を調整する必要がなくなる

このように、ピッチに関する悩みは

ほぼ解消できます。

 

そして、 

『いつもピッチが安定している人』と
パートメンバーから一目置かれ、
尊敬されるようになる

このように、

良い変化を遂げることが出来ます!

 

f:id:tako_fl_picc:20201015193254p:plain

 

 

そのためにも、

あなたの頭部管の吹き方を再確認して、

フルート全音域のピッチを

合わせられるようになりましょう!

 

 

フルートの頭部管で絶対にやってはいけない吹き方とは?

f:id:tako_fl_picc:20201015204318p:plain


 

あなたはフルートを組み立てる前に、

頭部管のみで少し音出しをしますよね。

 

この時、あなたの

『頭部管のピッチ』

『歌口の向き』

確認してみてください。

 

頭部管をそのまま吹くと

中音A♭〜A(ラ♭〜ラ)の音が、

強く吹き込むと

高音A♭〜Aの音が出ます。

 

でも、いつもピッチが低いですよね。

 

この時にあなたは、

頭部管の中音Aや高音Aを

チューナーの真ん中に合わせる

ということをしていませんか?

 

もししているのであれば、

これがあなたのフルート全音域の

ピッチを狂わせている原因です!

 

なぜなら、

頭部管の歌口が外向きになるから

です。

 

f:id:tako_fl_picc:20201015203130p:plain


頭部管の音は、元々

ピッチが低くなるよう設計されています。

 

それを無視して

ピッチを無理やり合わせようとすると、

頭部管の歌口を外に向けないと

いけなくなってしまいます。

 

歌口が外向きになった場合は

必然的にピッチが高くなるので、

頭部管を1.5cm〜2cmほど抜かないと

ピッチが合わなくなります。

 

ですが、

これは完全にアウトです。

 

f:id:tako_fl_picc:20201015203159p:plain

 

ここまで抜くと、

フルートの中音域のピッチは

ある程度合うかもしれませんが、

低音域のピッチが極端に低くなります。

 

そうなると、次は

低音域のピッチに合わせるために

頭部管を入れると思いますが、今度は

高音域のピッチが極端に高くなります。

 

そうなったら今度は

高音域のピッチに合わせるために

頭部管をかなり抜くと思いますが、

中低音域全てのピッチが低くなります。

 

 

このようにフルートを吹くたびに

音域に合わせて頭部管を調整するのは

重症だと思ってください。

 

このままだと

あなたのフルートのピッチは

一生安定しません!

 

一刻も早く、

頭部管の吹き方を

改善する必要があります!

 

 

フルート全音域のピッチを安定させるには?

f:id:tako_fl_picc:20200822191940j:plain

 


フルート全音域のピッチを

安定させるには、

  • 頭部管の歌口をやや内側に向ける

ことがポイントです!

 

f:id:tako_fl_picc:20201015203303p:plain

 

このポイントをおさえれば

あなたが吹き込んだ息は

歌口のエッジ(角)できれいに分割され、

頭部管のみでも良い響きの音が鳴ります。

 

試しに、チューナーを見ながら

頭部管のみで音を出してみてください。

 

恐らく、高めのA♭〜低めのAの音

になっていると思いますが、

これで良いんです。

 

このポイントをよく覚えて、頭部管を

楽器本体に繋げて吹いてみてください。

 

ちゃんと歌口がやや内向きになって

息を吹き込めていれば、

頭部管を抜く長さは1cm以内で収まります。

 

f:id:tako_fl_picc:20201015203239p:plain

 

これからは頭部管を抜く長さを

3mm〜1cm程度

にしましょう。

 

そうすることで、

フルート全音域のピッチが

安定してきます。

 

 

『フルートパートで一番ピッチが安定している人』を目指そう!

 

f:id:tako_fl_picc:20200924142125p:plain

 

フルートの全音域のピッチが整えば、

合奏中に何度も

頭部管の長さを調節しなくても

常に安定したピッチで

演奏できるようになります。

 

フルートパートで一番

ピッチが安定している人になって、

パートメンバーとの差を

さらに広げていきましょう! 

 

 

 

f:id:tako_fl_picc:20200822191933j:plain



それでは、今回記事のまとめです!

 

 

フルートの頭部管の音を
チューナーで合わせるのはNG!
歌口が外向きになりピッチが狂います。
歌口はやや内向きにしましょう。
そうすれば、頭部管を抜く長さは
1cm以内になり、ピッチが安定します。

 

 

このF-PROでは、

 

たった60日で出来る!!

フルートのレッスンに通えなくても

吹奏楽部の練習だけで上達させる

究極練習法をあなたにお届けします!

 

またTwitterのフォローや

公式LINEの友達登録も

ぜひよろしくお願い致します! 

 

 

Twitterアカウント】

 

 【公式LINE】

 

それでは、またお会いしましょう!

 

 

tako 

 
f:id:tako_fl_picc:20201001144237p:plain